スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にあったコワイ話

大丈夫、夢の話だから!

あれは大学一年のときのことでした。
私はまだ実家で暮らしていて、私の部屋は二階の南側にありました。

その日は丁度送り盆でした。
引っ越しが多く、親戚も全国に散らばっているため、お盆に集まる習慣の無い家でしたので、送り盆だったことには後日気付きました。

私が当時使っていたのはいわゆるロフトベッドで、寝るときは

このように、寝ると天井に手が届くような位置に来ます。

早寝なので、その日も22時頃にはベッドに入ったと思います。
眠りに就いてしばらくすると、屋根裏に三人の男が車座になって話し込んでいるのが分かりました。



何を話しているのだろう?とそちらに意識を向けたとき、三人がこちらに気付いたようでした。

三人の意識がこちらに向いて、強い圧迫感を覚えたとき、これはヤバいと思うと同時に意識を失いました。

夢だとは分かっていても、本当に怖かったです。
おばけが怖いというよりも、危険を感じた時の怖さだったと思います。

送り盆だったので、帰る相談でもしていたのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。