スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本屋で涙

おはようございます。

本を読んでも泣くし、映画でもドラマでもアニメでも泣いてしまう私ですが、まさか表紙を見て涙ぐむことになるとは思いませんでした。



加納朋子さんの新しい文庫です。
表紙と言っても、このイラストを見てではありません。

『ささら さや』『てるてるあした』に続く『はるひのの、はる』。
『てるてるあした』を読んで好きになって、『ささら さや』でちょっと「うーん」となった(主人公が少し苦手苦手)シリーズの完結編。

加納朋子さんの作品は、文庫で出ているものに関しては片っ端から買って読んでいるので、お店で名前を見付けたら手に取ります。それくらい、好きな作家さんなのです。

ですが、重い病気にかかってしまったのを知り「もう新作は出ないのかもしれない」と思っていました。

特に作家さんの情報を集めたりはしていないので、新刊の棚にこの本を見付けた時にそれだけで感動してしまいました。

私は人に本を貸すのが好きなのですが(人はかなり選びます。読まない人に貸しても無駄なので)、「最近読んでいないけど、なにかある?」と言う人には『モノレールねこ』を渡すことにしています。

加納朋子さんの短編集で、読みやすくて分かりやすいので。

スタミナ回復の間だけでも、ちょっと本を読んで欲しいです。
そして、うっかり回復しすぎて欲しい!
色んな意味で!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。