スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

515話 『伝説のM』

こちらの続きです。




 先へと進むリーダーは背後から響く足音に気づき、耳を澄ませた。
 一瞬、サトコが追ってきたのかとも思ったが、彼女の自慢のスニーカーからはほとんど音がしない。今聞こえているのは明らかにヒールの音だ。
(この闇のデュエルは異常だが、デュエル以外での危険は無い...はずだ)
 振り向こうとしたリーダーの視界が、布のようなもので覆われる。
(なんだ!)
 全身を支配した緊張は、布から微かに感じられる香りによって消え去った。

「だーれだ!」
「メイさん、なんでここに」
 声を聞くまでもなく分かっていたが、そこにはいつも集まっているカードショップのお姉さんことメイが立っていた。しかし、いつもお店にいるときのようなジャージにエプロン姿ではなく、ダークグレーのパンツスーツにローヒールの革靴というシックな装いである。
「そのスーツ、どうしたんですか?」
「就活よ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「サトコは無事よ」
「安心しました、ありがとうございます。それを伝えにきてくれたんですか?」
 腰に手を当てて胸を反らしたままのメイは、目を細めてリーダーを睨み付ける。
「突っ込みも入れられない子に質問されてもなー」
 命を落とす危険さえある闇のデュエルの舞台に立ってから積まれ続けていた緊張がほぐれるのを感じながら、「お店をやめられたら困るじゃないですか!」と言った。

 「なぜお前がここにいるのだ!メイ!!」
 これまでの経緯を話していると、突如上方から洞窟全体を震わせるほどの声が降ってきた。思わず耳を押さえ目を閉じた二人が再び目を開くと、壁一面に機械が積まれた部屋へと移動していた。これまでの洞窟とは全く異なる光景に警戒をしながらメイの様子を確認したリーダーは、その姿に息を飲んだ。
「それはこっちのセリフよ、デウス。存在していたのも不思議だし、私の前に出てこられる神経は理解できないわ」
 ジャケットを脱いでブラウス姿になったメイの腕には、デュエルディスクが装着されていた。数々の強敵と戦ってきたリーダーでも見たことのない、エメラルドの輝きを放つディスクからは生命力さえ感じられるようだった。
「私はお前たちに敗れてからずっと、ただただお前たちに勝つことだけを考えて存在をつないできた。
ところで、サヲリはどうした?そのひよっ子に乗り換えたのか?あたらしいSか?」
 頭上から降りてくる巨大なモニターに、機械でできた髑髏のようなものが映り、メイに対して挑発の言葉を投げかける。その姿は機械仕掛けの神デウス=エクス=マキナを髣髴とさせるが、低俗な嘲笑からはひとかけらの威厳も感じることはできない。

「サヲリ・・・?
あの伝説のデュエリストの・・・」
 デウスの言葉を受けても穏やかな顔をしているメイの姿と、デウスの言葉に出てきた名前がリーダーの記憶の井戸に小さな石を投げ込む。
 それは幼いころに偶然見たデュエルの場面。世界的なブームとなり、初めて開催された世界大会の決勝デュエル。驚異的な強さで勝ち続けた二人組の女性デュエリスト。当時はイニシャルでのエントリーだったため、名前は伝わっていなかったが。
「まさか、伝説のSMコンビ!メイさんがあのM!?」
「その呼び方はやめて!」
 いつものんびりしているメイが顔を赤くして叫ぶのを見て、リーダーは確信した。湧き上がる興奮を抑えようとしながらも、憧れの存在が目の前にある奇跡に涙が零れていた。

「あなたのせいで私の過去がバレちゃったじゃない!このデュエルで存在を断ち切ってあげるから、かかってきなさい!」

 デュエルは5分とかからずに決着してしまった。並列接続されたコンピューターと、かつてのデュエルデータから最善手を瞬時に出すデウスは、全ての手を出し切ったところで完封された。相手の攻撃を耐え続けて出し尽くさせてから動き始めるので、イニシャルと合わせてドMと言われたメイのスタイルだった。
 完膚なきまでに敗れたデウスは、絶望とともに消滅した。

 ショーでも見ているかのような気分のリーダーが拍手をしていると、メイの姿が一瞬ブレた。
「あー、もう時間か。悪いけどあとはあなたが頑張りなさい!」
 腕時計に目をやって天を仰いだメイは、リーダーに向かって封筒を差し出しながら早口に言う。慌ててリーダーが受け取ると、音もなくメイは消えてしまった。手に握った封筒と微かな香りにリーダーは深く礼をする。

『あまり話せる時間は無いと思うので、書いておきます。かつて私は親友と共に闇のデュエルへと参加したことがあって、その優勝賞品として少しの間別の場所に移動できる魔法をもらいました。
 その親友はサヲリといい、あなたたちの友達のサトコの姉でした。海外に行ってしまったあと音信不通になってしまったので、詳しいことは分からないまま、私はサトコの姉代わりに面倒をみていたの。海外に行っちゃうからって、この魔法を選んだのに。
 サトコは闇のデュエルで失ったものを、残った命を懸けて取り戻すことができました。残念ながら左手だけは後遺症が残ってしまうようだけれど。
 私は私で親友の情報が少しでも得られればと思い、そこに行くつもりです。アドバイスもできると思うし。
 
 役に立つと思うカードを入れておきます。
 いつもひいきにしてもらっているから、差し入れだと思って受け取ってください。
 そして、必ず買い物にきてね。』

 三回繰り返して読んで封筒にしまって、大切にリュックへと入れる。カードはまだ見ない。
 手紙を読んでいる間に崩れ落ちた機械の奥から門が顔を出していた。
 最後のデュエルの予感に気を引き締めて、リーダーは門を開いた。




どうにか考えていた分は入れられたと思います。
書ききってはいませんが、設定をあとでまとめようかな。
スポンサーサイト

514話 『サダルキラー』

えーと、全然お祝いにならないけど、書きたくなったから書くのです。
長いから、おすすめしません。


----------------------------------------------------

 システム化の進む世界の歪みから産み落とされた女神、システム化された際に切り落とされていった世界の欠片が形作ったその姿は、最高神ゼウスの妻たるヘラだった。しかし、全身が機械でできた女神にはいまだ魂は宿らず、眠りについていた。
 時が経つにつれ、世界の欠片に染み込んでいた意思のようなものが集まりはじめ、切り落とされる前の世界へと戻るために女神を起動させるために動き始めた。
 起動に必要なもの、それは魂。
 魂を集める手段を模索していた欠片の意思は、ついに『闇のデュエル』へとたどり着く。
 
 『神』の力を手に入れるべく世界中から集まった決闘者が死闘を繰り広げる中、犠牲を出しながらも勝ち進むチームふとなす。
 彼らの前に卑劣なトラップカードで立ちふさがったのは、サダルメリクのアバターだった。

「お前たちのように力に溺れた闘い方をするものは、すべて私が深淵へと突き落としてくれよう」
 次のカードをキャストしようとしたサダルメリクが、洞窟内に響く足音に耳を澄ませる。
「デュエルの最中に入ってくるものがいようとは、門番は何をしているのか」

「君の相手はボクがしてあげるよ、サメ肌くん」
 洞窟内の照明で照らされたのは、華奢な少女の姿だった。左手にはきつく包帯が巻かれいるが、ペンを握るのも難しそうなその腕にはしっかりとデュエルディスクが固定されいた。
「サトコ?なんでここに...。あのデュエルで...」
「ボクがあれくらいで動けなくなると思われていたとは心外だよ」
 大げさにため息を吐きながら肩越しに振り返る姿は、いつも通りの自信に満ちていた。
「さて、始めようか。この闇デュエルで途中参加を認めないなんてことはないよね?人間ですらない君が参加している以上、相手が誰でも文句はないだろう?」
 デュエルディスクを展開しながら挑発的に言うサトコを睨みながら、サダルメリクもディスクを広げる。
「どうやってここまで来たのかは知らないが、一度デュエルに負けた者がこうして立っていることに敬意を表し、全力で相手をしてやろう」
 静かに宣言するサダルメリクであったが、その脳裏には疑問が渦巻いていた。
(闇のデュエルに敗れたものは再起不能になるはず。絶命せずとも、精神が破壊されるか、体に深刻なダメージが与えられてデュエルは言うまでもなく、立って歩くこともままならない、その筈だ...。人外とも思えぬが用心に越したことはないな)

「ボクのターン!裏向き守備表示でモンスターを召喚!さらに二枚のカードを伏せて、ターンエンド!」
「意外に普通ではないか。私もモンスターを裏側守備表示で召喚、加えてカードを一枚伏せてエンドだ」
 サダルメリクの戦術を破るには初手の行動で対策をするしかないが、サトコはカードを3枚伏せただけだった。
「君は少し安心したようだけど、このデュエルが終わるころには自分の甘さを痛感しているだろうね。その頃には闇のペナルティで何も考えられなくなっているかもしれないけど、ヒトじゃないからどうなんだろ」
「貴様の戯言に付き合ってもいいが、さっさと進めて欲しいものだな」
 ちくりと刺さる言葉に苛立ちそうになるサダルメリクだったが、場に出しているカードで自分の絶対的優位は変わらないという自信は揺らいでいない。

「はいはい、じゃあ今引いたマジックカードで君の裏向きモンスターを破壊するね」
「愚かなり。トラップカード≪低い天井≫発動!こちらのモンスターの攻撃力より高い攻撃力を持つモンスターは攻撃にも守備にも参加できない!今、私の場にはモンスターはいない、従って...」
「続いて、この裏向きモンスターを攻撃表示に変更。表向きになった時の効果で、毒カウンターを二つ乗せて、攻撃」
「だから、こうげきりょ...!そ、そのモンスターは攻撃力ゼロだと!?」
 ベールを脱いだモンスターを見て、サダルメリクは驚きを隠せなかった。

≪毒蛇の壺≫という星3のモンスターカードだが、登場時期が速攻デッキ全盛期だったために忘れられたモンスターだ。毒カウンターの数と攻撃回数を掛けた数値の毒を相手プレイヤーに与え、毒の蓄積が10になると相手の敗北条件が満たされるのだが、公式大会でもみかけることは殆どなかった。

「知らないのも無理はないよね、ボクも忘れていたし。はい、攻撃で毒2ね」
 無言でメモ帳に毒と2本の線を書くサダルメリクは今後の展開を考えていた、文字通り何もしなければ5ターンで負ける。
 いつも通り攻撃力と守備力が入れ替えられるモンスターはすぐに出せるが、それに対する相手の動きが全く読めなかった。
「続いて、モンスターカードを裏向きで召喚して、ボクのターンは終わりだよ!」
 無口になったサダルメリクを満足そうに見ながら、サトコは宣言した。
「私のターン!ヒャクぜロを攻撃表示で召喚、場に出た効果で相手モンスターに100のダメージ!」
「永続マジックカード≪スパイスーツ≫発動!味方モンスターが相手の効果の対象になったときに、それを打ち消し、今後は対象にならなくなる!同時に自身の守備力よりも大きな守備力を持つモンスターを無視してダイレクトアタックができる!」
「な、なんだと!」
「そして、今の効果で裏向きモンスターが死亡したことでトラップカード≪毒のフラスコ≫発動!味方モンスターが死亡するごとに、任意のモンスターに2個の毒カウンターを置くことができる!」
「むむむぅ」
 場には毒カウンターが4個乗った上に、効果の対象にならない≪毒蛇の壺≫。あと2ターンでこちらの息の根を止める、強力なモンスターになっていた。
「あと、今死んだモンスターの効果でデッキからカードを1枚ドローするね」
 ドローという言葉を耳にしたサダルメリクは我に返り、手札を確認した。
「≪強欲の壺≫を使用して、2枚のカードをドロー!」
(きた!)
 サダルメリクは自身の幸運に震えた。
「ふははは、貴様も運がないな!≪ジェノサイド≫を使用し、全てのモンスターカードを破壊!対象にならないのであれば、全て破壊してしまえばいい!」
「はーい」
 特に動揺した風もなくモンスターを墓地に置くサトコを見ながら、サダルメリクは次のカードに手をかけた。
「≪レブナント≫を特殊召喚!2体以上のモンスターが場から墓地に置かれたことで、攻撃力600プラスの1,000でダイレクトアタック!」
「ライフ残り1,000だよ!」
「ターンエンドだ」

 形勢は逆転していた。≪毒蛇の壺≫が破壊されたことで、装備されていた≪スパイスーツ≫も墓地送りになり、サトコの場には≪毒のフラスコ≫のみ。対してサダルメリクにはもう一撃でサトコの残りライフを削り取れる≪レブナント≫と、効果の薄くなった≪低い天井≫がある。

「ボクのターン!ドロー!」
 しばらく手札を確認すると、サトコの口元に笑みが浮かぶ。
「≪毒蛇の壺≫をプレイ!更に、マジックカード≪骨の剣≫と≪墓地のバカ騒ぎ≫を発動し、墓地にある星3以下のモンスターをこのターンだけ場に戻し、生贄に捧げることで≪毒蛇の壺≫に4体で400ポイントの攻撃力をプラス!」
「そんなことをしても、攻撃が通らなければ私には勝てない」
「そうだね、今ので毒カウンターは10個になったけど、このままじゃあ意味はない」
 そう言いながらサトコの出したカードに、サダルメリクははっきりと死を感じた。
「≪突貫トンネル≫でダイレクトアタックするけど、何かある?」
 腰に手を当てながら言うサトコにサダルメリクは投了を宣言し、デュエルが終了した。

「いやぁ、危なかったなぁ。手札にマジックカードが残っているかどうか、賭けだったんだよね」
「サトコ、お前というやつは」
 デュエルの最中に回復したリーダーが苦い顔を向ける。
「ボクが割り込まなかったら死んでた人には言われたくないな?」
 リーダーに指を突き付けて、ふわりと笑うサトコの姿がぼやける。
「ああっと、ボクはここから先には行けないから、あとは任せたよ!じゃね!」
 走り去るサトコに嫌な予感を覚えながら洞窟の先へと足を進めた、今は先に進むことがリーダーである自分のやるべきことだから。

-----------------------------------------------------------------------------

ああああああああ、時間が!とりあえず、ここまでで!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。